青森県漁業協同組合連合会 | 水産県あおもりの魚貝類総合情報サイト

カレイ

カレイ

青森県においては多くの種類のかれいが漁獲されますが、その代表的なものがマガレイとクロガシラです。地域によってはマガレイをアカガシラと、クロガシラをマコガレイと呼ぶところもあります。カレイ類は1年を通して見られますが、数量的には冬から春にかけて多く漁獲されます。

漢字表記
形態 カレイ科の仲間は、41属100種前後いて、日本近海には約80種が棲息しているといわれています。水深30〜40mから2〜3mの砂泥質の海底に棲息し、雑食性であり、底生生物が主食で定着性があります。
旬は冬から春で、定着性の強い魚ですから、獲れる場所によって味が異なり、海底から湧水があるところで育ったカレイは絶品とされています。
漁法 定置網、刺網、底曳網などで漁獲します。
食べ方 刺身や煮魚、焼魚にしても美味しい高級魚です。
〒030-0803 青森市安方1丁目1番32号
Tel.017-722-4211 Fax.017-722-5016
ご意見・ご感想