青森県漁業協同組合連合会 | 水産県あおもりの魚貝類総合情報サイト

「味の王様」青森ほたて

「味の王様」青森ほたて

貝類の多くはその貝特有の風味を持っていますが、反面“クセがある”ともいわれています。ほたて貝はその美味しさを「やわらかな甘味にある」と表現される通り、生臭さなどのクセがほとんどなく、万人に好まれる風味を持っています。またその風味だけではなく、刺身はもとより、煮る、焼く、揚げるなど、手軽な料理法で美味しく食べられる食品、というのも特徴といえるでしょう。

ほたてのお料理レシピ

以下のレシピ一覧からご覧になりたい料理を選択してください。

ほたて貝の開け方

1. 殻を開ける

貝の白い方を上にして持ち、隙間にヘラ又は洋食ナイフ等を入れ、貝の底を押すようにして、貝柱を離します。

2. ヒモを取り外す

貝をひっくり返し、殻を取り除きます。そしてウロ(黒い部分)を摘んで貝柱からヒモなどを取り除きます。

3. 貝柱を取り外す

最後に貝の底を押すように、ヘラ又は洋食ナイフ等で貝柱を離して終了です。

4. 後処理

ヒモは捨てずに、包丁の背を利 用してヌメリを取り、適当な長さに切ってお召し上がりください。

手を切らないために、軍手をするか、タオル等で貝を挟んで持つことをお勧めします。

ほたて料理のポイント

  • 貝が口を閉じているものは生きております。
  • 貝が口をあけていても貝柱に強い刺激を与え、反応があると生きております。
  • 反応がないときでも(磯の香りや貝独特の臭いとは違う)悪臭がないものは刺身が可能です。
  • 殻つきの場合は、なるべく生きている新鮮なものを、むき身は白く光沢があるものを選びましょう。
  • 調理前後は冷蔵庫に保管し、流水でよく洗い、なるべくお早めにお召し上がり下さい。
  • 冷凍ほたてを解凍するには、冷蔵室に移し半日以上かけてゆっくり解凍してください。
  • お急ぎの場合は、包装の上からポリ袋をかけて水に浸して下さい。
  • 解凍後は、ペーパータオル等で余分な水分を拭きとり、ご利用ください。
  • 貝柱は、刺身、酢のものの場合、タテに包丁を入れると軽い歯ざわりがでます。
  • 焼く、煮る、揚げる祭は、ヨコから包丁を入れてお料理して下さい。
〒030-0803 青森市安方1丁目1番32号
Tel.017-722-4211 Fax.017-722-5016
ご意見・ご感想