青森県漁業協同組合連合会 | 水産県あおもりの魚貝類総合情報サイト

ほたて漁業の先駆者

むつ湾には古くからほたて貝が生息し、10年〜20年に1度、大発生を繰り返して来ました。
このような自然発生に依存していた時代のむつ湾のほたて貝の生産は、自ずと激しい変動の繰り返しで、この変動をなくし、安定した高度の生産を確保することがほたて漁業に携わる者の長い間の念願でした。

その願いが叶い、今日のように百億円を超える産業にまで発展した裏には、ほたて養殖の研究に心血を注がれた山本護太郎先生、ほたて養殖がまだ雲をつかむような話と思われていた時代にその必要性を訴え、自ら実践してほたて養殖の基礎を築いた豊島友太郎氏、ほたて稚貝の画期的な採取方法を考案した工藤豊作氏等々、多くの先人の苦労と不断の努力があったことを忘れてはなりません。

養殖技術が発達し、種苗の量産化、計画生産が可能となりほたて漁業は飛躍的に発展しましたが、むつ湾のほたて漁業関係者は、ほたて養殖に掛けた先人の意思を引き継ぎ、これからも良質なほたて貝の生産に努めてまいります。

ほたて養殖 顕彰碑

増養殖および出荷

ほたて貝は、4月に採苗器を投入、稚貝を採集しパールネットに収容します。

その後、養殖用は耳づり作業及び丸篭への入替作業を行い、地まき用は年内と翌春に放流し、一定期間海中で増殖させ、養殖します。

出荷は2年目から、半成貝、篭 ・耳づり、地まきの順で行われます。

(図参照 クリックすると拡大します)

ほたて貝取扱実績(青森県漁連取扱分)

1. ほたて貝の年度別共販実績

平成25年度の共販実績は、数量48,344トン、金額69億66百万円となりました。数量は、春先の低水温や大量の付着物による育成不足や歩留の低下により伸長を欠いた為、前年度よりも20,662トン減少した。取扱額は中国の減産や輸出環境が良かったことから浜値が上昇したものの、取扱額は昨年に続き低い額となりました。

(図参照 クリックすると拡大します)

2. 平成25年度ほたて貝の月別共販実績

篭は6〜9月、耳づりは6〜9月、地まきは6〜7月に水揚げが多い。
半成貝は4〜7月に水揚げされ、全体の水揚げのピークは4〜8月に形成されています。

(図参照 クリックすると拡大します)

3. 平成25年度ほたて貝の組合別共販実績

組合別にみると平内町が全体の47%を占めています。
篭、耳づりは平内町、地まきは野辺地町、半成貝は平内町から青森市以北が多く水揚げされています。

(図参照 クリックすると拡大します)

ほたて貝の流通経路

入札会で落札され加工されたものは、各市場を経由して流通されるもの、水産会社などを経由して業務用、大口需要向けに流通されるもの、更に一部、海外へ輸出されるものに分かれます。

(図参照 クリックすると拡大します)

〒030-0803 青森市安方1丁目1番32号
Tel.017-722-4211 Fax.017-722-5016
ご意見・ご感想