青森県漁業協同組合連合会 | 水産県あおもりの魚貝類総合情報サイト

青森県の海

青森県の海

青森県は、日本海、津軽海峡および太平洋と三面を海に囲まれ、中央には大型の内湾である、 むつ湾が広がっています。海岸線は約750?あり、青森と東京の間の距離とほぼ同じです。 青森県のまわりでは、日本海を対馬暖流が北上しています。その一部は津軽海峡に入って津軽暖流となり太平洋に達します。太平洋の沖合では、この津軽暖流と北からの親潮(寒流)、南からの黒潮(暖流)がぶつかり合っています。暖流と寒流がまじり合った海には魚の餌となるプランクトンがたくさん発生し、多くの魚が集まってきて豊かな漁場がつくられます。

暖流にのって北上してくる魚には、マグロ、ブリ、マダイ、スルメイカ、マサバ、マイワシなどがあり、寒流にのって南下してくる魚にはサケ、マダラ、ホッケ、アブラツノザメなどがあります。また、周囲を陸で囲まれ、大きなシケが少ない陸奥湾では、ホタテガイの養殖がさかんで全国有数のホタテガイの生産地となっています。

主な漁法

さし網

沿岸の魚の通り道に網を設置し、編み目に刺したり、からませたりして「カレイ」、「ヒラメ」などをとります。

はえ網

釣り針の多くついたなわを海中や海底に設置し、「サメ」などを釣り上げます。

定置網

沿岸の魚の通り道に網を設置しておいて「サケ」、「タイ」、「イカ類」などを誘い込んでとります。

けた網(底引き網の一種)

海底をけた網を引き、「ほたて貝」などをすくい上げます。

主要な漁場

青森県は、むつ湾はもちろん三方向が海に面しており豊富な漁場を有しております。

〒030-0803 青森市安方1丁目1番32号
Tel.017-722-4211 Fax.017-722-5016
ご意見・ご感想