青森県漁業協同組合連合会 | 水産県あおもりの魚貝類総合情報サイト

メバル

メバル

青森県でメバルと言えば、一般に標準和名をウスメバルと言うフサカサゴ科の魚のことで、場所によってはテンカラと呼ぶ所もあります。  水深100mほどの所に生息し、30cm位まで成長します。ヤナギノマイ、ガヤ、ハツメなどもフサカサゴ科の魚でこの仲間です。

漢字表記 目張
形態 ウスメバルに限らずメバル類は卵を産みません。正確には交接後に体内でふ化が完了し、5mm前後にまで成長した稚仔を体外に産出します。このような繁殖生態を「卵胎生(らんたいせい)」といいます。青森県は全国で最も大量のウスメバルを漁獲しており、中でも津軽海峡の西口に位置する中泊町小泊では、「津軽海峡めばる」というブランド化を図っています。
一年を通して漁獲されますが、春から初夏が一番の漁期です。
漁法 釣り、刺網などで漁獲します。
食べ方 メバルは素直で上品な味を持ち、身も柔らかく誰にでも好まれます。焼き魚、刺身、唐揚げなどにします。
〒030-0803 青森市安方1丁目1番32号
Tel.017-722-4211 Fax.017-722-5016
ご意見・ご感想