青森県漁業協同組合連合会 | 水産県あおもりの魚貝類総合情報サイト

サバ

サバ

一般にサバと呼ばれるのは、サバ科のマサバとゴマサバの2種類で、沿岸各地に生息し、季節的な南北回遊を行い、昼間は水深70〜150m層に多く、夜間は表層に浮上します。

漢字表記
形態 マサバは、ホンサバとも呼ばれ、背に、濃い青緑色の班紋があるのが特徴です。ちなみにおなかは銀白色です。ゴマサバは、マサバよりやや小型で、体の側面と腹面に、たくさんのゴマのような小さな灰色の斑紋があります。
秋サバは丸々と太って脂も乗り、最高の旬と言われます。
漁法 巻網が中心で、他に定置網、刺し網があります。
食べ方 しめ鯖、刺身、みそ煮付、他に塩焼きなど。
〒030-0803 青森市安方1丁目1番32号
Tel.017-722-4211 Fax.017-722-5016
ご意見・ご感想