青森県漁業協同組合連合会 | 水産県あおもりの魚貝類総合情報サイト

未来につなぐ資源管理

青森県における「資源管理型漁業」の推進については、平成元年の広域回遊資源、地先資源培養管理推進事業、ヒラメの資源管理指針の策定作業に始まり、現在の「複合的資源管理型漁業促進対策事業」に至るまで、いろいろな地先や海域において、様々な魚種について活動し取り組んで参りました。この間、ヒラメ、ミズダコなどの対象魚種の漁獲量増加・安定、資源管理意識の向上など様々な成果が見られた一方、一部の地域での管理方策の未遵守、魚価の低迷などいくつかの問題も顕在化しております。

現在の「複合的資源管理型漁業促進対策事業」では、単一魚種を対象とした資源管理に加え、漁業種類、複数の魚種を対象とした取り組みや、販売、流通などを対象とした総合的な取り組みを展開しております。

魚種名 漁獲の状況 資源を上手に 使用するために
ヒラメ 昭和62年に青森県の魚に指定され、平成2年以降、種苗放流、資源管理等に取り組み資源の回復に努めて来ました。その結果、漁獲量は順調に伸び、平成8年〜11年には4年連続で漁獲量が1,000tを超えています。 全長35cm未満の個体を再放流すること。現在の安定した漁獲水準を維持するため、カレイ刺網の目合を3.5寸以上にするなど、これまでの資源管理方策を一層徹底することが求められています。
マコガレイ 主に底建網、刺網、底引き網で捕獲されており、近年では400t前後が漁獲されております。 資源管理指針を作成し、現在全長20cm未満の個体を保護する方策を柱とした資源管理計画を検討中。
ムシガレイ 太平洋、日本海で多く漁獲されています。日本海域では昭和40年に100tを超える漁獲量があったものの、近年は12t〜14tで推移しています。 日本海側では、全長20cm未満個体の放流、カレイ刺網目合3.5寸以上の取り組みを実施しています。
マガレイ 日本海、陸奥湾に比較的多く生息しています。日本海域での近年の漁獲量は、100t以下の低水準で推移しています。 カレイ刺網目合3.5寸以上、三枚網、留網禁止等の取り組みをしています。
マダラ 陸奥湾域では、底建網を中心とした漁法により12月中旬から2月頃まで漁獲されています。近年では、昭和61年に2,041tを最高に平成3年まで1,500t前後の漁獲がありましたが、平成6年からは250t以下で推移しており漁獲が低迷しています。 陸奥湾域では、操業期間の短縮により産卵親魚を保護することや産卵後の商品価値の低いマダラを再放流することが実施されています。
マダイ 日本海域に多く生息し、ほとんどが定置網、底建網で漁獲されています。日本海域での最近の10年間は、80t〜214tの間で推移しています。 日本海域では、資源管理計画により当歳魚を放流することとなっています。
ハタハタ 主として日本海域に分布します。昭和40年代には定置網を主体に1,000tレベルの漁獲がありましたが、昭和50年代に入り急激に減少しました。ただ、近年わずかながら増加傾向を示しております。 平成11年4月に青森県、秋田県、山形県、新潟県の4県の漁業者間で「ハタハタ資源管理協定」が結ばれました。青森県では底びき網漁業で全長15cm未満の小型魚の再放流を実施しています。
クロソイ 青森県では、全域の岩礁沿岸域に分布します。定置網、籠、釣り等で春季及び秋季に多く漁獲されます。漁獲量は、近年 150t前後で大きな変動はありません。 人工種苗の放流技術開発を行い、放流効果等について調査を継続しています。深浦町の風合瀬漁協では、全長15cm未満個体の再放流を実施しています。
ウスメバル 青森県のウスメバル漁獲量は、全国1位でそのうち日本海域で県全体の約8割を占めており、主に一本釣りと刺網で漁獲されます。日本海域における最近10年間の年間漁獲量は180t〜 500tの間で推移しています。 小泊沖の西津軽堆周辺における刺網では、産卵が終了した6〜8月の3ヶ月間だけの操業と目合75mm以上、三枚網禁止等の取り組みを実施しています。
ホッキガイ 太平洋海域の八戸市から六ヶ所村沿岸の砂浜域においてホッキガイけた網漁業で漁獲され、ここ数年は 1,000t以上を維持しています。 青森県海面漁業調整規則により、採捕禁止期間(5月〜11月)が設定されているほか、大きさ(殻長7cm)、漁具(けた網の爪の間隔5cm以上、同じく網の目合9cm以上)が制限されています。
エゾアワビ 主に津軽海峡、太平洋で漁獲され、鉤引掻、鉾突き、潜水で漁獲されています。昭和41年〜58年までは 150t前後の漁獲がありましたが、昭和63年以降は50t弱の漁獲量となっています。 青森県海面漁業調整規則により、殻長9cm以下及び 8月〜10月まで採捕を禁止し、産卵貝を保護し、資源の維持増大に努めています。また、各地域で外敵駆除、餌料海藻の増殖及び禁漁区の設定等の取り組みがされています。
マナマコ 主に陸奥湾での漁獲が多く、小型機船底びき網と採貝漁業で漁獲されています。昭和63年に最低漁獲量(300t台)を示してから徐々に資源の回復が見られ、平成 9年〜11年の3年間は、900t以上の高水準で推移しています。 ナマコ資源を有効利用するために5月〜9月まで採捕禁止期間としています。また、小型のナマコを再放流する取り組みが必要です。
ヤリイカ 青森県におけるヤリイカの漁獲量は、近年では日本一となっています。昭和60年に年間 1,000tを下回ってからは増加に転じ、近年5年間は年間 3,000t前後で推移しています。 ヤリイカ資源の維持増大を図るため、昭和57年から日本海、津軽海峡、太平洋北部にヤリイカの産卵場を造成しています。 また、水産試験場ではヤリイカの資源変動を予測する試験も行っています。
ミズダコ 青森県沿岸では主に津軽海峡でタコ樽流しや、タコ篭で多く漁獲されます。津軽海峡での最近10年間の漁獲量は年間 1,000t〜 2,000tの間で推移しています ミズダコ資源を有効に使用するために、体重3kg未満の放流と7月〜10月までの漁獲禁止期間を自主規制として定めています。
トゲクリガニ 主に陸奥湾で篭や刺網によって漁獲されます。近年の陸奥湾での漁獲量は、昭和61年の140tをピークに減少傾向にあり、平成 9年には46tまで減少しました。 陸奥湾では、平成12年1月から全域で水ガニ、雄7cm未満個体、雌6cm未満個体の放流、トゲクリガニをツブ篭の餌として使用しない等の資源管理に取り組んでいます。
〒030-0803 青森市安方1丁目1番32号
Tel.017-722-4211 Fax.017-722-5016
ご意見・ご感想